一般社団法人 武家文化研究会
 

実施日:2011年1月23日〜2月2日

視察場所:4箇所

 ・フランス国立ギメ東洋美術館(フランス/パリ)
 ・アンヴァリッド軍事博物館(フランス/パリ)

 ・大英博物館(イギリス/ロンドン)
 ・ヴィクトリア&アルバート博物館(イギリス/ロンドン)

視察目的:

明治時代、献上品として海外に渡ったものや、明治政府による廃仏毀釈政策により、多数の日本の武具がヨーロッパへ渡りました。
今でも多数の日本古物品が現存しており、保存状態のよいものは、博物館、美術館に展示されております。

しかしながら、博物館に展示されていなかったり整理されていない古物品も多数現存しています。
そうした古物の中には、当時を知る研究材料として非常に貴重な資料も多数残っていると思われます。

博物館の倉庫に眠る日本古物品や、個人で売買される骨董品など、海外に現存する日本の古美術を検証、修復をしていく活動を行っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  
 
 



ジャパンエキスポ

武家文化研究会

正会員・賛助会員 募集

お問い合わせフォーム

   
  ■サイトマップ    
 

 ・トップページ

■武家文化研究会
  ・武家文化研究会のご案内
  ・諸外国からみた日本の興味
  ・武家文化研究会 活動フロー

■イベント派遣
  ・戦国期 武家文化の紹介
  ・日本文化と武士道
  ・甲冑武者隊

■文化財を守る
  ・日本の文化財を守る
  ・海外へ流出した国宝クラスの日本文化財

 

■欧州コーディネイト
  ・フランス ジャパンエキスポ
  ・諸外国からみた日本の興味
  ・武家文化研究会 活動フロー

■日本の伝統を紹介
  ・日本伝統工芸の外需開拓支援
  ・武士に好まれた三大伝統芸道
  ・日本への観光誘致活動

■武家文化技能士・活動団体紹介
   ・武家文化技能士・活動団体紹介

 

■活動報告
  ・2014年 ジャパンエキスポ レポート
  ・2013年 ジャパンエキスポ レポート
  ・2012年 ジャパンエキスポ レポート
  ・2011年 ジャパンエキスポ レポート
  ・2011年 欧州甲冑武具視察

■その他
  ・JapanMoment 実行委員会
  ・2012年ジャパンエキスポ公式パンフレット
  ・一般社団法人 武家文化研究会について
  ・賛助会員、寄付のお願い
  ・お問い合わせ

Copyright (C) 2012 一般社団法人 武家文化研究会 (Samurai No Kokoro) All Rights Reserved.